不動産の売買に関して

不動産を賢く売買する

不動産賃貸に関する情報

不動産は比較して検討する

不動産を高く売りたい、少しでも安く買いたいと考えるのなら、比較して検討することが一番です。どこの業者に依頼しても同じではありません。仲介手数料など諸経費が違います。多くの会社に査定をしてもらうことにより、自分に有利な売買ができるようになります。マンションや一戸建て住宅の価格は地域や立地によって異なる他、市場動向によって変わります。自分の希望にあった価格での売買には、多くの情報収集が欠かせません。購入する場合にも、よりよい条件の不動産探しは多くの物件を見て、物件の立地や周辺環境などを知っておくことです。

契約締結前に確認すべきこと

不動産は一般的に高値で取引されており、リスクも高いことから、購入する側から見れば慎重に準備する必要があります。契約を締結する前に注意しなければならない点がいくつかあります。まず登記の確認をする必要があります。売主ではなく誰かの登記になっていたり、抵当権が設定されていたりする可能性があるためです。次に、都市計画施設の区域内になっていなかどうか売主や市区町村に確認する必要があります。せっかく不動産を購入しても、建築制限がかけられていたり、収用されてしまっては元も子もないからです。思わぬ損害を被らないためにも、事前の調査・準備を怠らないように注意しなければなりません。