不動産を借りる時は

不動産賃貸を契約する

不動産賃貸に関する情報

不動産の賃貸をする時のコツ

不動産の賃貸物件を決める時、注意をする事があります。入居する時、賃貸契約書は良くご覧になりますか?その中の一つに引っ越し等で退出する際、原状に修復して行く事と云う様な文言があります。例えば壁にポスターなどを貼っていた時、剥がした後が周りの壁面と色が違ってしまう事があるかと思いますが、そんな時原状回復と言えば壁紙全ての貼り替えを事を求められる事がありますが、法律的に日常に於いて日光が当たった為に自然に変色したような時は、生活上でやむを得ない事として入居者が修復する必要はないという事を、先日の法律相談で聞きました。私達も不動産業者や、大家の言いなりにならずに専門家によく相談して賢く賃貸する知恵を持ちましょう。

契約時に必要な費用の概算見積

例えば月5万円の賃貸不動産、例えばマンションを借りるに際して契約時にどれくらいの費用が必要になるでしょうか?仮に敷金・礼金がそれぞれ2ヵ月分必要で、20日に入居すること仮定して話を進めます。敷金・礼金の合計が4か月分なので20万円。加えて、20日入居ということは約3分の1の日割が発生しますし、月の後半からの入居なので契約時には翌月分も通常は請求されます。それから、火災保険も必要になります。これを2年で1万5000円くらいとします。そして不動産屋に支払う仲介手数料として半月分。5万円の賃貸マンションでも契約時にはざっと計算して約30万7000円が必要になります。但し、これ以上になることは稀ですので、最大これくらいかかる計算で準備すれば問題ないでしょう。